良い写真を撮る方法

デジカメが一般的に普及し、昔のフィルムカメラのように一家に一台あるような時代となりました。若者では自分専用のカメラを持っている人も多いですし、少し前はプロ向けで高額だったデジタル一眼レフも、一般向けの製品が増え価格も購入しやすくなったため所持している方も多いでしょう。しかし、カメラの性能はいいはずなのに、撮った写真はいまいち冴えない、という経験はありませんか。思ったような写真が撮れなくて、写真を撮るのは難しい、撮影は苦手と感じている方も少なくありません。ただボタンを押すだけで良かった昔のカメラに比べ、たくさんの機能を持ったデジカメを使いこなせない人は以外と多いのです。最近はデジカメ撮影指南の本もたくさん出ていますが、説明が難しく理解しにくい内容のものが多いため、参考にならない場合もあります。そこで今回はこうした方のために、よく撮影するシーンに合わせたカメラの使い方や撮り方を簡単にご紹介したいと思います。せっかくのデジカメですから、その機能を十分発揮させてより良い写真を残しましょう。

最近は携帯電話の主流がスマートフォンに変わりつつありますが、これに搭載されているカメラ機能もコンパクトデジカメと大差のない機能となってきています。中には、携帯電話にカメラ機能ではなく、カメラに携帯電話機能を搭載したような機種もあります。携帯のカメラ機能では、撮った写真をすぐにメールで送ることができますし、赤外線通信で写真をすぐに交換できることもメリットです。携帯電話とカメラを2台持ち歩かなくてもいいので、本格的な機能を求めないのであればカメラ機能だけでも十分活用できます。この場合にも、各種の機能や撮影テクニックを知っておけば、携帯でもより良い写真を残すことが可能です。

撮影のコツを知る前に、簡単にカメラの設定についてご説明しましょう。レンズは広い範囲を写すことのできる広角レンズと、遠くを写すことができる望遠レンズがあります。焦点を合わせる距離は広角レンズは短く、望遠レンズは長くなります。絞りも知っておきたい設定です。絞りは人間の目で例えるとまぶたのような役割で、開き具合により光の量を調整します。絞り値が小さいということは絞りを開くという意味で、絞りは光の量の調整とともにピントの合わせ具合の調整にもつながります。オートフォーカス機能では、通常画面の真ん中にピントが合うようになっていますが、被写体が左右にずれている場合には自分でピント合わせを行うといいでしょう。フォーカスロックと言って、ピントを合わせたいものを中心にしてファインダーに表示される四角い部分を合わせてシャッターを半押しします。そのまま、撮りたい構図に画面をずらして撮影すると左右にずれていてもピントが合った写真が撮影できます。こうした設定はデジカメの種類により若干異なりますが、説明書などにも書いてありますので、ぜひ一度最後まで読んでみてデジカメを使いこなせるようにしましょう。

⇒⇒バッファローのデジタルフォト・アルバムを見る

このページの先頭へ

BOOKMARK

このページの先頭へ